共用部 セキュリティ 室内空間 耐震性 桜 駅徒歩1分 商店街 中野・高円寺

 


全景(竣工写真:篠澤建築写真事務所)


周囲に圧迫感を与えない柔らかなデザイン
(竣工写真:篠澤建築写真事務所)


曲線を多用し、化粧タイルをちりばめた外壁


屋上などから、西は「富士山」、東は「スカイツリー」が良く見えます。

 

オーナーの想いと建築家の情熱が結実した
ハイグレード・デザイナーズ賃貸マンション。
10余年を経て実感できる、本物の良さ。


「低コスト」「効率」重視の風潮が強い世の中だからこそ、手間暇をかけてカタチになったモノの良さが改めて感じられます。
数世紀にわたってこの地に根ざしてきたオーナー家の「思い」と、それを具現化する建築家たちの「情熱」によってサンクリバージュ野方新館が竣工したのは2002年。
ご入居者にここで暮らすことの誇りと生活の豊かさを感じていただける住まい、そして、地域の方々にも気持ちよく行き交っていただける新たな景観の創出。賃貸マンションでありながら、構造設計、意匠設計、空間デザイン、素材、設備・仕様…、そのすべてにこだわり、「分譲マンション並み」という表現が陳腐に聞こえるほどハイクオリティなマンションが誕生しました。それは、まさに「オンリーワン」と呼ぶにふさわしい存在感。 誕生から10余年を経た今だからこそわかる、サンクリバージュ野方新館の魅力をご紹介します。

曲線を多用した柔らかなフォルム

見上げれば美しい曲線が重なり、桜並木に面した西側は敷地に沿ってゆるやかに弧を描く。随所に曲線を多用した意匠デザインが、建物のグレード感を雄弁に物語り、道行く人々に柔らかな印象を与えます。

上質さを感じさせる外壁タイル

5cm×5cmの外壁タイルは、上階にいくにつれて淡いトーンになるグラデーションを描いています。散りばめられた装飾タイルやガラスブロックといった素材の組合せが、上質で洗練された暮らしを想像させます。


野方北口エリアのランドマーク


西武新宿線・野方駅から徒歩1分の好立地にあり、駅のホームからものぞむことができるサンクリバージュ野方新館。
最上部にドームを頂く特徴あるフォルムは、野方北口エリアのランドマーク的存在です。

数多くの優れた実績をもつ環境建築設計によるデザイン

その土地の歴史・文化・自然、そして人々の思いを大切にしながら独創的な建築を数多く手がけてきた滑ツ境建築設計が意匠デザインを担当。オーナーの想いと建築家たちの発想、情熱が、時がたっても色あせることのないオンリーワンの高品質マンションを生み出しました。


1階には整形外科が入居

サンクリバージュ野方新館の1階には「つるい整形外科」と隣接する学生館の1階には「介護施設ふれあい」があります。
いずれもご入居者はもちろん、地域の方へのメリットや風紀を考え、オーナーが厳選した方々にご入居いただいています。

美観を大切にし、隅々まで行き届いたマンション管理

日々の清掃・管理は、静コーポレーションが担当。その行き届いた管理には、設計に携わった建築家が「10年以上たってもこれほど美しく、きめ細かくメンテナンスされている集合集宅は数少ないのではないか」と驚嘆するほど。ぜひご自身の目でお確かめください。



   

<建築家インタビュー> 

建築家 宮坂 正寛  Masahiro Miyasaka  株式会社 環境建築設計

Profile  早稲田大学理工学部建築学科卒業  昭和53年、(株)環境建築設計を設立

環境と人との接点を意識し心を配ること」を基本に、土地活用企画、分譲・賃貸マンションの企画・設計・施工管理、
賃貸マンションの管理、建て替え、大規模修繕、コンサルタント等を手がけ、30年間で約200竣工物件の実績を有する。
「全国賃貸住宅新聞」、「これからの賃貸住宅ビジネス」(ダイヤモンド社)、「あなたの土地を賢く活かす本」(リクルート社)、 テレビなどで著述及び作品が多数紹介されている。


――隣りの学生館と合わせて規模の大きなマンションですが、全体的にやわらかい印象を受けます。どのような工夫があるのですか?

宮坂 :例えば、タイルの色に注目してください。 ベージュとピンクの 中間色が、街並みによく溶け込んでいますよね? 外壁タイルでグラデーションを描いているのです。このグラデーションをより美しく表現するために、 コンピュータで繰り返しシミュレーションを行って、 最終的な外壁素材や色を決定したんです。 やさしい印象をあたえるとともに、 ちょっとした遊び心をデザインに取り入れています。

―― かなりスケールの大きな遊びですね。

宮坂 :もっとスケールの大きな工夫もあるんですよ。 実は、サンクリバージュを真上から見ると建物の側面壁が曲線を描いているんです。 もちろん土地の有効活用や経済性を十分に加味した結果、 たどり着いた結論です(笑)。 専門的にはR=135mの曲線(※)といいます。 皆さんには見学の際にぜひ注目してもらいたいのですが、 随所に曲線のデザインを多用しているのも特長のひとつです。

―― 建築的なポイントを教えていただけますか?

宮坂: エントランスにちょっとした仕掛けがあります。
前面道路から入ってくる自動ドアには通常のガラスではなく、「調光ガラス」というものを採用しています。
直射日光で温度が上がると白く濁り、日光を遮断し、省エネにつなげています。


―― 岸オーナーからは、学校を卒業して学生館を出ると同時に、 新館を借りて移られる方もいらっしゃると聞きました。

宮坂: そのようですね。 例えば、若い方に人気の高いガラスブロックを採用したり、 備え付けの可動式家具で自由にレイアウトを変えられるなど よりスタイリッシュな居住空間をデザインしています。 新社会人の一人暮らしには最適な空間だと思います。

 

 

 

 

 

このページのトップへ

 

トップページ 物件概要 交通アクセス 暮らしガイド

空室情報

お問合せ・内見お申込み


外観デザイン

共用部

セキュリティ&プライバシー

室内空間

耐震性能・防災対策

桜・散歩

駅徒歩1分・都心への好アクセス

野方商店街

中野・高円寺が生活圈

建物概要

賃貸条件

設備・仕様

 


路線図

豊富なバスアクセス

羽田空港とも直結

公共機関
銀行・郵便局
医療機関
生活関連
交通機関